堀内誠一展 旅と絵本とデザインと  を観に行ってきました。

若い人は、知らないかもしれないけど、私にしてみれば

子どもの頃の絵本で親しんだ作家のひとりです。

子どもの頃(5歳ぐらいの時)、「本の人」として覚えた名前は

かこ さとし

にしまき かやこ

堀内誠一

いわさきちひろ   でした。

いろんな作品を読んでいたのですが、名前を覚えていたのは、 この4名でした。

絵本原画だけではなく、グラフィックデザインやロゴタイプ

友人たちとの往復書簡や地図(すごい細かい)なども展示。

なんとなく、

グラフィックデザイナーから、絵本の世界に「ぱっと」

来られたように思われている人もいるかもしれないですが、

瀬田貞二さんとの交流をみても、人からみえないところで勉強していたことが

かいまみえますね。

ぜひ、行って、感じて欲しい展覧会でした。

 

 

他にもいろいろ原画は展示してあります。

ただ、絶版になっている本も多くて、少し残念だったな。

伊丹市立美術館で10月24日まで開催中

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事