最近、絵本を会社の販売促進や営業ツール、

自治体の広報として利用するケースが増えています。

そのときに、

プロではなく、

アマチュアの方に原画・原案制作、レイアウトを依頼しているのを

多くみうけられます。

 

アマチュアが悪いわけではないですよ。

立派に仕上がっている作品もあるので

全てのアマチュアを否定するわけではありません。

 

ただ、なかには、費用が安いからという理由で

アマチュアの方に依頼していないでしょうか?

 

プロに頼むと、費用はかかるかもしれません。

しかし、締め切りは守るし、一定のクオリティを保障しています。

名前がでるからには、よい作品に仕上げたいという気持ちがあるので、

話し会って、修正しなければならない部分は修正することもできます。

(意味のないムダな書き直しは嫌ですけどね・・・)

 

アマチュアの方に依頼すると、

締め切りが守れなかったり、

基礎をしらない事も多いので、

印刷したときに、おかしな作品になってしまっていることもあります。

修正部分もできないと、放棄されてしまい、

いつまでも、作品ができあがらないまま ということはないでしょうか?

依頼先もアマチュアの方なので、修正お願いが言いにくかったりすることもあるのでは?

 

これは、イラストや原作だけにとどまらず、

編集やレイアウト作業についても同じことです。

 

多少、費用がかかってもプロに頼む方が、

長い目でみると安上がりだと思いますよ。

せっかくの費用をかけるのに、

読んでもらえない作品をつくっても意味がありません。

部数を減らしてでも、制作費に費用をかけて、

よいものをつくってみたいと思いませんか?

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事