絵本作家 田中清代さんの絵本講演会にたくさん参加していただき
ありがとうございました。

田中さんが最新作の下書き、ラフ作業から完成までの過程がわかる資料を持ってきてくれました。

編集者・作者とのやりとりや
何を意識して作品作りをしているのか
絵本が、文章を書く人・絵を描く人・編集者の
3人で話し合って完成していく
ということが つぶさにわかる資料でした。
ありがとうございます。

絵本の制作工程って、紹介されているようで、紹介されていない。
出版社や人によって、やり方は微妙に違ってはきますが、
絵本を書くうえで、気をつけるべき点というのは共通です。

とくに関西では、このような作家さんの「生のラフ原稿」をみせてもらえる
機会というのはとても少なく、貴重な体験でした。

講演会の運営というのが初めてで、昨日は緊張して眠れなかったりも
したのですが、なんとか無事終了してホッとしています。
やはり、講演会は講義用の部屋でした方がいいですね。
いろいろな反省材料もありつつ、また、来年もできればいいですね・・・。
< なんと用意した絵本が完売!(冊数は少しでしたけど)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事