『児童文学の書き方』横山充男 を再読。

この本、絶版中なのは、もったいない。
児童文学だけではなく、絵本創作にもつながる内容なので
子ども対象にした創作をしている人には読んでもらいたい
内容です。

児童文学を書くときにきをつけなければならないこととして
「おとなの玩具としてのこども像をえがかない」とあります。

まさに、これ、重要!

いまはやりの電子書籍にもなりませんかね?
ポプラ社さん・・・。お願いします〜。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事