年があたらしくなりました。

12月に母が亡くなりましたので、

新年のおめでたいご挨拶や年賀状などは

失礼させていただいております。

喪中はがきも、作るまもなく母の残務整理にあけくれてしまいました。

(母の仕事の書類がたくさんありすぎて、

どこに何がおいてあるのかわからず発見するのに一苦労)

年賀状をいただいたみなさまには、寒中おみまいを出しますので

いましばらくおまちください。

 

昨年の手帳をみると、4〜5月以外は、ずっと母が入院中で、

家と教室と病院を行ったりきたり。

「生きたい」と願っている人が

死に近づく様子を見守らなければならないのは、

生きてきたなかで、一番しんどく辛かったです。

母の容体も良いときもあれば、悪いときもあり、

先の予定がたたないことも、多々ありました。

 

母の病状が悪いときは、

児童文学科卒業生ネットワークを利用して、

私の代わりのお仕事をお願いしたり……。

ひとりでやっている仕事のようで、

いろいろな方々の協力を得て、

なんとか一年、仕事を続けることができました。

みなさまのご協力、深く感謝いたします。

また、仕事の打ち合わせでも、

ドタキャンするかもしれないことを前提に

時間や日程調整をしていただいたり、

お仕事を一緒にしている企業の担当者さんの

配慮にも感謝しています。

 

「やまない雨はない」という気持ちで、

新しい年、前を向いていきたいと思います。