あたらしい創作絵本大賞の締切日まで、あと1カ月をきりました。
作品の進行はいかがでしょうか。

そろそろ原画作成にとりかかる方も多いためか
問い合わせの電話が急増しています。
コンテストに関する質問は、メールでお問い合わせください。
電話での問い合わせは、ご遠慮ください。

コンテストのホームページに、
・原画の描き方
・ことばの書き方
 を紹介していますので、これを参考にして応募お願いします。

あらたによせられた質問についてのQ&Aも載せています。

コンテストでは、大賞作品を本として印刷するのが
最終目的にあります。
印刷をすることを前提とした原画の描き方をしてもらっていないと、公募に応募していただいても意味がありません。

他の公募に応募した作品の受け付けはしておりません。
また、出版社に持ち込みして、断られた作品を応募したいというお問い合わせがありましたが、これに関しては、大変微妙なところです。
出版社と持ち込んだ作品のカラーが違って出版が実現しなかったケースであれば、公募していただいて出版につながる可能性もあります。
ただ、作品になんらかの問題があり出版実現しなかった場合は、結果的には選外になる可能性もあります。

コンテストに落選を繰り返す方の特徴として、
同じ作品を修正せず、いろんなコンテストに応募する
というケースが多くみられます。

落ちてしまうには、その作品には修正すべき点があるということです。それを理解せずに、別のコンテストに応募しても結局は同じ結果になると思います。

テーマは同じでも、原画を書き替えるなり、ことばを考え直すなり、自分なりに作品を再度みつめなおし、さらによい作品へと進化させてから、応募していただくのがベストだと思います。

遠回りのようで、実際には、この方がよい作品を書き上げる近道だと思います。

あたらしい創作絵本大賞 受付開始しています。12月15日締切です。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事