絵本印刷の見積もりお問い合わせをいただくときに
お願いしたいことがあります。

できるだけ具体的な、絵本の装丁(ページ数やハードカバーにするのかソフトカバーにするのかなど)を決めてからご連絡ください。

「16ページ、24ページ、32ページ 10000冊 で見積もりを」と言われても、モノクロ印刷なのかカラー印刷なのか、サイズはどれぐらいを希望しているのか、ハードカバーなのかソフトカバーなのかがわからないと、計算のしようがありません。同じページでもモノクロ印刷とカラー印刷では金額に大きな差がでてきます。

お客様の気持ちからすれば、
「見積もりをとってから、その中で安いものを選ぶ」と
考えていらっしゃるのだと思いますが、
あまりにも、何も決まっていない状態ですと、
どこまでの内容をお知らせしたらよいのか
こちらも、見積もり計算が全くできない状況におちいります。

例えば、自分がつくりたいと考える手本となる
絵本のタイトルを例にあげてもらい
「このような絵本を1000冊ぐらい印刷したい、予算は●円
ぐらいが希望です」と言っていただければ
それを見本にこちらが、提案することができます。

「絵本制作 ミニ知識」というページもつくっていますので
どのような絵本にするか悩んでいるお客様は
このページをお読みいただき、内容を大まかに決めてから
ご連絡お願いします。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事