今回、東京に行ってきたのは、絵本学会があったから。

直前まで「行こうかどうしようか」と悩み続けた。
仕事がたまっていたからね。
でも、行ってよかった。

会場の武蔵野美術大学では、卒業生の絵本原画展示を開催しており、
着いたときに、ちょうど、長谷川集平さんのギャラリートークを
やっていた。

作家本人から、原画をみながら説明を聞けるという機会は
めったとなく、これを聞けただけでも東京まで来た価値はあったね。

学会の講演も素晴らしく、ここで詳細を書き出すと、とめどなく長文に
なりそうだから、
絵本教室と講座の時間にお話しますね。

会場の最寄り沿線が工事中で一部区間が不通となってしまい、
電車を迂回迂回して、やっと荷物を預けているホテルに到着したけど、
最終新幹線が発車する30分前。猛ダッシュで駅に向うことに。

ホテル内で、小さな子どもの周りにしゃがみこんでしゃべりかける
大人のグループの横を小走りで通り過ぎようとしたら、
聞き覚えのある声・・。
大阪から横浜に嫁いだ、友人ではないですか!
「なんで こんなとこにおんの!」と二人で絶叫。
JRの工事がなければ、もっと早くにホテルに到着する予定に
なっていたので、こんなこともなかったでしょうね。
ゆっくりしゃべる時間はなかったけど、
友人の息子さんの顔もみられて嬉しかった。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事