本日、朝日カルチャークラス6回目。

『百年の家』、『つみきのいえ』を読んで、

時の流れをどう表現していくのかを考えてみました。

 

時間の流れは、絵では表現できません。

目に見えない「時間」は、子どもにはわかりにくい。

目に見えないものをいかに表現していくのか

絵本を書くうえでは、チャレンジしていかなければならないところ。

 

それ以外には、

プロットの書き方

ストーリーボードの書き方

物語を書くうえで気をつけなければならないこと

を説明。

 

「物語を書くうえで気をつけなければならないこと」は、

今日、説明する予定ではなかったのですが、

作品のあらすじを持ってきた受講生の作品が、

「物語を書くときに、やってはいけないこと」に

あてはまっていたので、少しだけ解説しました。

 

実際のところ、初めて作品を書く人に、

「あ、その書き方だったら、読者にはつたわらないよ」

と、指摘しても、意味が理解できていないと思うのです。

 

自由に好きなように書いてもらうのも、

カルチャーに参加する楽しみなのかもしれないです。

ただ、ずっと、間違った方向で作品を書いていては、

自己満足になってしまう。

「作品を書くなら、これだけは知っておいて欲しい」という

基本的な部分をお伝えしようと思っています。

 

いろいろな作品を読んでいくことによって、

理解が深まっていけばいいなと思います。

 

はやく作品を完成したい気持ちはわかるんですけどね。

基礎が理解できていないと、絵本として書き上げたとしても、

本当の完成ではないと思っています。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事