2010年1月30日に逝去された、児童文学科元教授・川村たかし先生の没後1周年にちなんで、

梅花女子大学図書館にて「追悼川村たかし先生著作展 〜一周忌によせて〜」を開催中です(3月18日(金)まで)。

図書館所蔵の主要著作はじめ貴重な資料を、先生の教えを受けた卒業生の追悼文とともに展示いたしますので、どうぞご覧ください。

それにともないまして、教え子のみなさま。川村先生への追悼メッセージをお寄せください。ポップの形で展示を増やしていく予定です。

100字以内で児童文学科・鵜野祐介先生のメールアドレスまで送ってください。
メッセージは、2月一杯ぐらいまで受け付けます。

<故 川村たかし先生 略歴>

1931(昭和6)年、奈良県五條市生れ。

奈良学芸大学(現奈良教育大学)卒業後、奈良県内の小学校、中学校、高校の教諭として勤務の傍ら、児童文学の創作を行う。

1982(昭和57)年、本学児童文学科創設とともに赴任され、創作分野担当の教授として1995年3月まで奉職。

主な作品に、「新十津川物語」シリーズ(全10巻、第2回路傍の石文学賞受賞)、『川にたつ城』、『山へいく牛』(野間児童文芸賞・国際アンデルセン賞優良作品)、『昼と夜のあいだ』(日本児童文学者協会賞)、『北へ行く旅人たち』(サンケイ児童図書出版文化賞推薦)などがある。

梅花女子大学児童文学科における教育業績として、1960年代に早稲田大学出身の児童文学作家が数多く登場したことを踏まえて、「梅花を西の早稲田にしよう」と学生たちに呼びかけるとともに、「小梅童話賞」を創設して若い才能の発掘と「児童文学の梅花」をアピールされた。

同賞入選作品集がポプラ社よりシリーズとして単行本で刊行されるにあたり同書の編集を手がけられた。

梅花を去った後も、自ら主宰する児童文学創作の同人誌「プレアデス」や「亜空間」に教え子たちを積極的に参加させ、修行を積ませ、その中から、楠章子、宮下恵茉、高橋たまき、中西翠をはじめ数多くの児童文学作家がデビューしている。