小さな命と あっちとこっち (古道具ほんなら堂2)』楠 章子・著(毎日新聞社)

においガラス、虫くいタオル、一日だけの海、鬼のこづちの4章からなる本作。

テーマは「いのち」です。

ほんなら堂の店主・燈花さんだけでなく、今回も不思議な道具も登場します。

 

 

ファンタジー・児童書ですが、

年齢を問わず、楽しめる作品なのも本作品の最大の売りです。

 

「においガラス」は、戦時中、子どもたちの間で、人気になったアイテムで、

こすりつけると、よい香りがするガラス(実は、戦闘機の防風ガラスの破片)だそうです。

 

70代の母に「においガラス」のことをきいてみると「あったあった! 懐かし〜」と

言っていたので、子どもだけでなく、年齢を問わず親近感を持てるでしょう。

 

4つの章に書かれている内容も、子どもから大人へ成長するなかで、いずれかは、経験のあること。

自分の命、人の命。

生きぬくためには、時として「勇気」が必要になります。

そして、生きるために、自分以外の命の尊さも気づいて欲しいのです。

子どもたち、全員に、この本を読んでもらえたらなと思います。

 

この続編も、雑誌「本の時間」(毎日新聞社)で連載中。

第3段も、はやく本にならないか、楽しみです。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事