昨日で絵本教室の基礎クラスが終了しました。

2月からは実践クラスへと入ります。

実践クラスでは、作品に自分の個性や魂を入れる作業をして

もらいたいと思います。

今までは、表面上の手法を学んだだけ。

とはいっても、構図の考え方や文体の使い方とか言葉のセレクト能力などは、

まだ、足りない部分もあるので、どんどん書いて、修正しての

繰り返しをしてください。

作品をさらっと、うまくまとめていても、

作者の個性や思いがこめられていないと

編集者や読者に心ひびかないのです。

出版社によっては、あたりさわりのない作品を求めているケースも

あるでしょう。

でも、作者の思いのこもった作品をみると、

「この作品を世にださなくちゃ」と思うものです。

これは、自分の書きたいことを書く

ということとは、少し違うのです。

自分の感情や体験をさらけだすことに、

抵抗感がある人もいるかもしれない。

作家は、自分の経験した感情を表現することが職業でしょ。

だからそこ、共感がうまれ、ファンがつくのですよね。

さあ、恐れずに、自らの感情を解放してみましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事