『凸凹あいうえおの手紙』作:別司芳子 絵:ながおかえつこ(くもん出版)

アミーニ絵本教室・みてみてクラスに通われている

イラストレーター ながおか えつこさんが

挿絵を担当した児童書が出版となります。

出版おめでとうございます。

[内容紹介]
地域のおじいさんやおばあさんを毎月招待し、季節にふさわしいイベントを全校ですることになった“交流会”。大地が案内の手紙を届ける佐山さんだけ、返事が来ないようなのです。

直接手紙をわたそうとして何度も訪ね、ようやく見かけた佐山さんは……。白い杖をついていました。目が不自由な人が持つ杖です。

読めない手紙をどうすればいい? 話しかけて、その場で返事を聞く勇気が出てこない大地。そんなある日、点字で手紙を書くことに気づいたのですが……。

本文に登場する手紙を点訳したページが、巻末についています。

 

本のタイトルのリンク先から、表紙の絵と本文の一部が見られます。

ぜひ、みなさん、手に取ってお読みいただければ嬉しいです。