先日、大阪の出版社・登龍館さんへの作品持ち込みに

一緒にくっついて行ってきました。

登龍館のアドバイザー もり・けんさんが

「こういう仕事をしていくのだったら、

絵が描けるだけではだめ。

自分なりにの伝えたいことを考えながら描いてほしい。

メッセージがあるからこそ、描けるんだと思う」と

持ち込み者にお話しされていました。

 

そう、これは、私も常に考えていることです。

私は、作家やイラストレーターではないけれど、

私が指し示す方向によって、右にも左にも行ってしまう。

ときには、仕事をしている相手と話しあって、お互いが納得できるように

対話していくことも必要となってきます。

 

ぶれない芯のようなテーマやメッセージは、私の中にもありますね。

日常生活の過ごし方でも、自分の思いというのは、出てくると思うんですよ。

 

絵本教室や童話教室に参加する人にも、ぜひ、考えてもらいたいことです。

 

☆もり・けんさんは、童謡の伝道師、作詞家、編集者、作家、大学の先生、などなど、マルチに活躍されています。