10月15日より、第7期・はじめ〜るクラスがスタートしました。

今期は、昨期の反省点をふまえて、実践クラスの課題をしてもらうことにしました。

絵本創作クラスでは、物語絵本を中心につくっていくことになるので、

実践クラスでは、純絵本に近い、絵で展開していく絵本を考えてもらうことにしました。

ただ、最初からは、純絵本の創作は、難しいので、

まずは、展開の面白さを考える、赤ちゃん・幼年絵本から

スタートです。(赤ちゃん・幼年絵本の創作が簡単なわけではありませんよ)

物語絵本の方がつくりやすい人、純絵本の方がよい人、それぞれだと思うのですよ。

どちらが自分にあうのか、考えてもらいながら、

最終的には、受講者の個性にあわせて、作品をつくっていってもらおうと思います。

 

 


本日は、保育絵本ワークショップの作品合評会でした。

受講生を半分にわけて、まずは、前半グループの作品合評です。

1作品ごとに、丁寧に作品評を講師の丹治さんにしていただきました。

「新しい作家がでてこないと、文化は衰退する」と言われる丹治さんの

ことばに、みなさん、勇気をもらえたのではないでしょうか。

しかし、その前に、よい作品をつくることが大前提です。

丹治さんのアドバイスを生かして、作品を書き直してもらえればと

思います。

来月は、後半グループの作品合評会です。