『児童文学塾〜作家になるための魔法はあるのか?〜』
日本児童文芸家協会編(あるまじろ書房)

日本児童文芸家協会は、会員・研究会員のほか、児童文学を勉強したい
執筆したい方にむけて雑誌「児童文芸」を発行しています。

「児童文芸」には、先輩作家から新人作家へ
児童文学の書き方を紹介しているページがあります。
本書は、先輩作家からのメッセージ原稿をさらに加筆し、まとめた本です。

作家のみなさんの勉強方法、執筆方法、失敗談、デビューしたいきさつなど盛りだくさんです。

児童文学の物語だけではなく、
絵本、幼年童話、紙芝居、詩、童謡、ノンフィクション
幅広いジャンルについて紹介されています。

なにをどうすればいいのか、迷子になっている方には
お勧めの本です。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事