第12回あたらしい創作絵本大賞の審査結果を発表しています。
大賞は、「うまれたてのくもくん」天野みえ さんです。

おめでとうございます!!

今年もたくさんの作品の応募、ありがとうございました。
昨年同様に、審査員のみなさんと対面で審査することができませんでした。
残念ながらリモート会議での審査となりました。

あたらしい創作絵本大賞は、読者対象年齢を4歳〜6歳ぐらいを想定しています。
みなさんからの応募作品を読むと、小学中学年・高学年向けの作品が多く
絵本読者の齢設定が高いように思います。
体裁は絵本だけれども内容は大人向けの読み物絵本も多いです。
また、対象年齢が低い赤ちゃん絵本も選考対象から外れます。

応募規定には読者対象年齢は書いていないのですが、
本の規定サイズや「創作絵本」ということ
過去に選ばれている作品をみていけば
赤ちゃん絵本、大人向けの絵本は
選考対象外であるというのが理解できると思います。

ぜひ、ご自身の作品にあった応募先を選んでいただければと思います。

◎注意点◎

今回、選考途中で気がついたのですが、
Kindleで発売している作品を応募されている方が
いらっしゃいました。
あたらしい創作絵本大賞では、未公開作品を募集しています。

Kindleで発売している作品は公開済みの作品として
選考外となります。

他社の公募規定も、ほとんどが未公開作品の募集だと思います。
Kindleは、手軽に公開でき発売できるシステムですが、
公開した作品は、公募に応募できないケースがほとんどです。
ご注意ください。

※アマチュア限定の公募もあり、Kindleで発売した作品がある作家はプロとみなすという、判断が各社で違ってきます。
あたらしい創作絵本大賞は、プロ・アマ問わず募集できますが、こちらも応募前の規定をお読みいただけるといいのではないでしょうか。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事