昨日は、絵本教室 ふかめ〜るクラス3回目でした。

創作クラスは、飛び出し童話・思い出童話の合評会。

基礎クラスは、『よるくま』『もりのおくのおちゃかいへ』『しずかに!ここはどうぶつのとしょかんです

の作品分析でした。

 

作品分析では、いろいろなおもしろい意見がでてきて、

「自分が創作するなら、こうするのに」とか

「こういう、場面の展開はありでしょうか?」など

活発な意見がでていました。

 

回をおうごとに、みなさんの作品に対する分析が、深くなってきているのがわかります。

 

初めての参加する方は、「人の作品を分析するより、自分の作品を書きたい」

という人も多いと思います。

でも、人の作品を客観的にみることで

自作品にうまく生かしたり、応用できる人が、創作の方法を一番理解でき、

早道なのだと思っているのですよ。

作品を分析していく作業は、創作するうえでも、とても重要。

 

なかには、ここまでしなくても、理解してしまえる人もいるけどね。

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事