絵本プレスでは、データ入稿をできないお客様のために、有料の印刷用のレイアウト(印刷用のデータ作成)サービスを提供しています。

印刷納品後、「印刷用のデータを頂けないか」と言われることが多くなりました。

印刷以外の用途、ネットでの画像配信や広告物制作に使いたいという理由が多いです。

著作権法では、制作物は制作者に帰属。制作者の持ち物とされています。

つまりは、お客様がお金を払って印刷用のレイアウトデータ制作を依頼しても、データはお客様の物ではなく、当店の物ということになります。

どうしても必要という場合は、レイアウト費用の5〜10倍で買い取りいただくか、二次使用料をお支払いいただくということになります。

「絵本のアイデアは自分のものなのに、どうして?」と思われるかもしれませんね。

レイアウトするにも、知識とソフトが必要です。文字をたくさんそろえるとなると、かなりの費用も必要です。

もともとは、当店の印刷製本をご利用いただく前提で、提供しているサービスなので、通常の費用よりも安価な金額になっています。
お客様が高額なソフトも文字も買わずにすむように、安く技術を提供させていただいているのが、レイアウトサービスだと考えていただければと思います。

もっと安くで印刷できるところに発注するためや、ネット配信のためにデータを欲しいという場合には、今後は当店での印刷利用がなくなると判断をいたしますので、レイアウト(版下データ)の制作費用は提示している金額よりも高額な費用をいただくことになります。

ご了承ください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事