第12回日本新薬こども文学賞
『十二支はたいへんです』
作・梶田向省 絵・花原淳子

年に一回、日本新薬が主催している、「日本新薬こども文学賞」
5枚童話作品に絵をつけて、絵本にする公募の絵本作品です。
完成作品は、全国の病院や公共施設を通じて、子ども達に配られる予定です。
次回、第13回は、2021年2月11日締め切りで、作品を募集中です。

絵を担当された花原淳子さんは、アミーニ絵本教室に通われています。
木版画で、ユニークな作品を創作されています。
今回の『十二支はたいへんです』も木版画で制作されました。
色ごとに、木を掘る作業があるので、かなり大変だったと思います。
とても楽しい、絵本にしあがりました。

YouTubeでも読み聞かせが公開されています。
ぜひ、お読みください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事