『だれもしらない図書館のひみつ』(汐文社)
北川チハル・作 石井聖岳・絵

北川チハル先生の新刊のご紹介です。

夜長小学校のなかにある、学校図書館でのできごと。

夜長森図書館では、真夜中になると、本たちがめざめます。

あるひ、本が1冊、また1冊となくなっていきます。

本たちは、さらわれた仲間をたすけようと、がんばりますが……。

学校図書館司書のお姉さんの名前が「しおり」だったり、

本屋さんの名前が「花布(はなぎれ)」だったり。

細部にわたって、本好きには、楽しい発見があります。

読者の子どもたちが、その時は気がつかなくても

大人になってから「あ、そうなんだ!」と

気づけるしかけもあります。

地味キャラの『ひかげのきりかぶ』(本のタイトル)が、

すなおで、やさしくて、読んでいて、ほっこりしました。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事