上製本のご注文のお客様へ

「チラシ印刷だと、当日に仕上がることもあるのに

なぜ、上製本の絵本は印刷仕上がりに時間がかかるの?」と

不思議に思っているのではないでしょうか。

 

絵本は、紙を面付け作業を行ってから印刷を行い、

本文を綴じる作業(糸かがりの場合は、時間がかかる)

本文プレス作業

表紙まわりの厚紙はり

本文と表紙の合体作業

本のプレス作業を行います。

 

2回ある、本文と本の「プレス作業」これが重要なんです。

「急いで納品して欲しいから、プレスは充分しなくてもいい」とお客様の要望で

プレスの時間を短くして納品したら、

「本が勝手に開いていく…」という不具合も発生したり、

「表紙が丸くなっていく」ということもでてきたり…。

 

結局、やり直しをすることになったり、

不具合のあるまま、展示をしなければならなくなったり…。

 

やはりいくら、お客様が「急いでいる」「時間がない」と言われても

規定の作業は時間をかけてするべきだなと思ったのです。

 

せっかくの作品、よい完成品で納品したいものです。

 

プレス時間も、その時々の気候や日照時間で変わってきます。

ページ数や本文の綴じ方によっても時間も変わります。

年末年始のこの時期は、プレス時間を長めにしないと、

紙が乾燥しているので、丸く曲がってきます。

 

時間はかかるけど、じっくり、仕上がるのが上製本の良さだと思っていただけると

よいですね。

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事