第9期 はじめ〜るクラスが10月21日(日)第3日曜日からスタートします。

第9期はじめ〜るクラスの講師は、

編集者・丹治智絵先生
2002年より4年間、ひかりのくにで月刊保育絵本の編集を担当。2007年にドイツへ渡り、現地の小学校と児童書出版社で働く。帰国後、学校図書館司書として、豊中市の小学校に勤務。2010年より、フレーベル館で再び児童書の編集に携わり、国内外の絵本、読み物を幅広く担当。
現在3歳と0歳の子どものお世話に追われながら、フリーで編集や翻訳の仕事をしている。

作家・北川チハル先生
主に絵本テキスト、幼年童話、短編を書く。2003年『チコのまあにいちゃん』(岩崎書店)で児童文芸新人賞受賞。作品に『えっちゃん ええやん』(文研出版)『たびいえさん』(くもん出版)、『ともだちのまほう』(あかね書房)、『みてみておてて』(アリス館)「いちねんせい」シリーズ(ポプラ社)、『あいうえおしましょ!』(学研プラス)、「ふたごのあかちゃん」シリーズ(ひさかたチャイルド)他多数。日本児童文芸家協会理事。

にお願いしています。

 

絵本教室アミーニの特徴は、講師が、しゃべるだけの講座ではありません。
また、作品を1回作って終わりではありません。
受講生の作品・提出物をみんなで合評しあいながら、どのように書き直していけばよくなるのか考えていきます。
受講生が8人いれば、8作品の書き直し方法が学べます。90分で8倍の学びがあります。
そして、基礎からじっくりと学びます。基礎の勉強は、遠回りのようで、実は近道だと考えています。

9期はじめ〜るクラスの受講を悩まれている方は、
ぜひ、第8期つく〜るクラスへ見学に来てください。
見学ができるのは、あと2回。8/18と9/15です。
見学は事前申し込みが必要ですので、こちらから見学のお申し込みをお願いします。

はじめ〜る、ふかめ〜る、つく〜るクラスを修了した方がすすむ「みてみてクラス」の発表会もあります。
「みてみてクラス作品発表会」2018年9月9日(日)13:30〜 会場:絵本教室アミーニ

つく〜るクラスの見学の都合がつかない場合は、ぜひ、みてみてクラスの発表会をぜひ、みにきてください。

 

受講の申し込みは、こちらからどうぞ。