JAグループが発行している子ども向けの雑誌
「ちゃぐりん」12月号 ショートストーリー
「カメラの妖精 ピントくん」北川チハル/作 おしのともこ/絵
が掲載されています。
おしのともこさんは、アミーニ絵本教室の修了生です。

表情豊かで、動きのある絵を描かれます。
どんな絵なのかは、みちのく童話賞スタッフブログを見てくださいね。

妖精といえば、羽のついている女の子の姿を
イメージする方も多いでしょう。でも、ちがうんです。
カメラの妖精ピントくんは、関西弁をしゃべる
ユニークな妖精です。
ひとひねりくわえて創作されるのが
北川チハルさん作品のおもしろさです。

「ちゃぐりん」は、家の光ネットから購入できますよ。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事