『ふでばこから空』北川チハル・作 よしざわけいこ・絵(文研出版)

絵本教室で講師をお願いしている、北川チハル先生の幼年童話。

ゆいは、となりの席にすわる、しろうくんに、えんぴつをいつも貸している。
しろうくんのふでばこが、ひらいた瞬間、白い雲が浮かんでみえた。
じつは、しろうくんのふでばこには、秘密があり・・・。

表紙の男の子(しろうくん)が、手にもっているのが、ふでばこです。

ちょっとレトロなふでばこの中に、
低学年の男の子ならではのものを、隠し持っているのです。

主人公のゆいと、しろうくんの友情に、気持ちがあたたかくなる作品です。

最後のクライマックス、よかったわ〜。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事