第7回あたらしい創作絵本大賞に応募いただきありがとうございます。

遅くなりましたが下読みの結果をお知らせします。

今回は、下読みの段階で最終審査にすすめる作品を

26作品に厳選しました。

○今年の傾向

時代を反映してなのか、社会問題を取り上げている作品が多かったように

思います。

読者である子どもが読んだ時に、

理解できるようになっているのかがポイントです。

深いテーマを取り入れても、教訓的になったり、

読後感が悪かったり、もったいないなと感じる作品も多かったです。

 

○キャラクター

作品の締め切りが12月だからか、「サンタクロース」を主人公にした作品が

複数ありました。

特定の季節のキャラクターは、その時期だけにしか売れなかったりもするので

主人公が季節物でもテーマがいつでも読める内容であれば、

大丈夫なのですが。

 

○作品構成

「カギのかかった扉をあけると、主人公が生まれる」という

作品が複数よせられ、何かのブームなのかな?と思ったり。

せっかく考えた構成でも、他の人と重なると

独自性が目立たなくなりますね。

 

下読み通過作品

「ぶらんこにのって」

「だるまさんがゴロウだ!」

「やまだくんのめだま」

「わらいのかみさま」

「おくるみナニーさん」

「イルカのやかんひこう」

「モチモチ号がいく!」

「やさしいくま」

「しんごうびとのくらし」

「まるくなれない だんごむし コロン」

「キュッピとぼく」

「ばあちゃんのうみのうた」

「小さなカギのものがたり」

「わしわしたわし」

「ドングリとロボット」

「ゆびがしわしわ」

「ええところ」

「まよい みち の ひと」

「まほうのコチョコチョ」

「走れ!」

「ぼくの おばけやしき」

「はなくそ」

「おばけちゃんのおかしなはなし」

「いちごびーむ」

「ころがるもくぎょ」

「カゼオニ しようぜ」

 

○まとまっている作品

「わしわしたわし」

「ゆびがしわしわ」

「モチモチ号がいく!」

「おばあちゃんのうみのうた」

「おくるみナニーさん」

「わらいのかみさま」

 

「わしわしたわし」展開が工夫されていて、絵も気持ちよい。

「ゆびがしわしわ」子どもの笑うツボを心得ている。読後感が楽しい。

「モチモチ号がいく!」絵の構図が工夫されていて個性的で楽しい。

「おばあちゃんのうみのうた」絵と文のバランスがよい。もう少し物語に深みをもってもよかったか。

「おくるみナニーさん」読んでほっこりできて、親子で読むならいいですね。

「わらいのかみさま」大阪ならではの発想で、笑える作品。絵本というより幼年童話にするといいかもしれない。

 

絵がすばらしいのは「イルカのやかんひこう」。物語展開をもう少し練ってもらえれば。

「まよい みち の ひと」哲学的で考えさせられる内容だが、わかりにくい。

 

最終審査は、3月に行います。

結果がわかりしだい、このブログでも紹介します。

お楽しみに。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事