絵本教室・童話教室の講師・楠章子先生の講演会のご案内です。

認知症になったおばあちゃんを孫の目線で描いた「ばあばは、だいじょうぶ」。

この本の著者である楠章子さんが、ご自身の介護経験を通して感じた事を語ってくださいます。

 平成30年10月8日月曜日・祝日

     午後2時から午後3時30分(開場は20分前)

場 所:塩瀬公民館 講堂 (西宮市名塩新町1番地 塩瀬センター3階)

講 師:くすのき 章子あきこ さん (作家)

〈 プロフィール 〉 1974年大​阪生まれ。大阪育ち。​『神様の住む町』(岩崎書​店)でデビュー。​認知症・老いをテーマ​にした絵本『ばあばは、​だいじょうぶ』(童心​社)が、第63回青少年読書感想文全国コン​クールの課題図書に選ばれる。

定 員:100名(事前申し込み必要) 参加費無料

対 象:小学生(高学年)から大人の方まで

お申し込みは>>>北部図書館

平成30年9月14日(金曜日)午前9時30分より受付開始(先着順)

窓口または電話(0797-61-1706)にて

主催:西宮市立北部図書館

【修正】20181008講演会(ばあばは、だいじょうぶ)ポスター.jpg

申し込み・詳細は、こちらからご確認ください。