第9回あたらしい創作絵本大賞にご参加ありがとうございました。

大賞受賞のなかたみちよ さん おめでとうございます。

受賞作品は、来年6月頃に、ひかりのくにから出版されます。

未来屋書店で全国発売になりますので、お楽しみに。

会場を暗くして、『ほしぞらのきょうりゅうたち』をスクリーンに映してみると、

プラネタリウムにいるような世界が広がり、

とても美しかったです。

この作品を手に持って、子どもたちが、星空の観察にでてもらえるとうれしいですね。

 

なかたみちよ さんは、アミーニ絵本教室の受講生です。

この作品は、こつこつと2年がかり(もしかして、3年かな?)で

少しずつ書きかえ続けたものです。

出版まで、まだ、書きかえ作業は続くのですが、よい作品になったと思います。

 

 

優秀賞「もしかしておばけ?」たかはし けいこ さんの

極限まで、シンプル構成にした作風でありながら、

どこか、懐かしさや温かみを感じる絵のタッチ。

佳作「てのりメモリー」さく:丸ノ内 レンさん え:はるさじさんの

今までにない、異世界の日常を絵本にする個性。

「ビッキーとヘンリー」竹島 亜紀子さんの

こころ暖まる展開。

「じゅもんを おもいだしたママ」しまだ かほさんの

ねこママのやさしい色あいと、ユニークな作風。

「みんなだいすき タマゴトリオ」モリ シゲルさんの

マンガ的でありながら、絵本ならではの表現で描いた個性。

おしくも大賞には、ならなかったのですが、

個性的な作品が入賞しました。

いつか、どこかで、入選者のみなさんの作品が絵本出版される日を

楽しみにしています。