夢見の占い師
楠 章子・作 トミイマサコ・絵(あかね書房)

童話教室と絵本教室の講師 楠 章子先生の新刊です。

『まぼろしの薬売り』の続編になりますが、

前作を読んでいなくても楽しめる内容ですよ。

 

明治時代、日本中を旅しながら、

医者も薬屋もない村に、薬をとどける時雨(しぐれ)と

弟子の小雨(こさめ)。

民間信仰的なものがでてきたり、

病のため、村にもどれない子どもたちがいたり、

これは、明治時代の昔話ではなく

現代にも繋がる話しだなと。

テーマとしては、重苦しいのですが、

弟子・小雨の存在に、心癒されます。

 

人が病を治すきっかけというのは、

医療や薬だけではなく、

患者によりそう人や生きる目標というものも

大きな存在です。

限りある命の存在を感じるために、

この本を、若い読者に読んでもらいたいです。