かねてから闘病中だった母が永眠いたしました。

母であり、友であり、一番の仕事の相談相手でした。

 

私の仕事が入っていない土日に、お通夜と告別式が

できるように亡くなるというのは、

仕事と家庭とプライベートを大切にしてきた、

母らしい日程の選びかただったなと。

 

しばらく、残務整理や遺品整理などで

バタバタし、連絡が遅くなることもありますが、

どうぞ、よろしくご理解ください。