第三弾、保育絵本ワークショップの合評会を行いました。

今回は、5見開きの絵本のストーリーボードを提出してもらいました。
いつも、11見開き、15見開きで創作をしている方々にとっては、
5見開きは、かなり大変なようでした。

ただ、11見開きでも15見開きでも、5見開きでも
作者の伝えたいことが、テーマに沿っていて
なおかつ、作者の個性を求められるのは同じこと。

5見開きの絵本を考えることは、11見開き、15見開きの絵本を
創作する訓練にもなると思いますよ。

 

 

さて、好評につき、保育絵本ワークショップの第4弾を開催します。

作品合評のみのクラスを開催しますので、

過去に「月刊保育絵本について知る」講座を受講経験のある方に限らせていただきます。

2018年2月25日(日) 13:30〜15:00 作品合評

【参加対象】これまでに、童話や絵本を創作した経験のある方。原作のみ担当、絵と原作両方担当希望、いずれでも可。「月刊保育絵本」に作品持ち込みを考えている方におすすめ。過去に保育絵本ワークショップを受講済みの方。

【受講料】
3,500円(税込み)
受講料の振込先は、申し込み後連絡します。入金確認後、「申込受付」のメールをもってご参加席の確保とさせていただきます。

【参加定員】10〜13名

【会場】絵本教室アミーニ(谷町六町目徒歩1分)

【講師】丹治智絵

申し込みは、こちらからお願いします。