あたらしい創作絵本大賞ワークショップを開催しました。

 

前回、第8回あたらしい創作絵本大賞では大賞作品が選ばれませんでした。

審査会でも、

「あともう少し工夫があれば、

受賞できそうな作品があったのに」と審査員からの意見もあり、

それであれば、第9回の募集スタート前に実験的に、

作品合評をしてみようかということで開催しました。

 

絵本を書き慣れている人から初心者の人まで

さまざまなレベルの作品が集まりました。

講師の宮下恵茉先生は、

読者が読んだときに、わかりにくいと感じる部分や

あたらしい創作絵本大賞のコンセプトである、

「今までにない作品をつくるには、どうすればいいのか」について

それぞれの受講者のレベルで理解ができるように、

アドバイスを工夫をしてくださいました。

 

ぜひ、書き直して応募してください。

ぱっと出しの、アイデア先行だけの作品ではなく、

練りにねって、もうアイデアがでないと出しつくすギリギリまで

考えぬかれた、作品の応募をお待ちしています。