絵本教室、童話教室の講師の楠章子先生が書かれた

絵本『ばあばは、だいじょうぶ』楠 章子 作/いしい つとむ 絵(童心社)が

いろいろなところで紹介されています。

まずは、

毎日新聞(2017年7月22日)

その後、

テレビ「ちちんぷいぷい」「ビビット」でも紹介されました。

(テレビは、放送日時の変更が多くて、ブログで先に放送予定日を

紹介できないのが残念です。)

 

認知症を孫の視点から描いた作品で、

子どもにだけでなく、介護にかかわるおとなにも

読んでもらいたい作品です。

こういった、時代を反映する作品が、ロングセラー作品になっていってほしいものです。