新しいiMacになっても、

あいかわらず「Office for Mac」の不具合はつづき。

ここ1カ月は、Wordにテキストデータをコピーペーストをしたり、

上書き保存をしようとするだけで、勝手に強制終了するように・・・。

しかたがないのでWordの文書を「Pages」でひらいて修正してから

ワード形式に保存するという

面倒な手順でWordをつかっていました。

問題は、「Pages」で開くと、縦書きが強制的に横書きになること。

 

いろいろ調べていると、iMac内の

Office for Macの環境設定を含めて全て削除して、

あらたにインストールし直すといいらしい。

 

「AppCleaner」というフリーソフトをつかって、

アプリの関連ファイルを一度に削除できるそうで、

やり方は、こちらを参考にしてみました。

 

Office for Macの再インストールで、強制終了ぐせは、なくなりました。

でも、文字の種類を変更するだけで、5分ぐらいかかる。

重い・・・。