絵本教室の新クラスをが4月からスタートとなります。

「のびのびクラス」です。

毎月 第2・第4土曜日 13:00〜15:00

会場は、アミーニ絵本教室で行います。

のびのび自由に絵本を書いていくクラスです。
初心者から、長く受講を続けている方まで。
プロ向けのクラスに入るのに迷っている方や、
子どもさんやお孫さんのために、手作り絵本をつくってみたいと考える方。
仕事の都合でお休みされたり、
受講生のペースで長期的にじっくり学んでいきたい方向けのクラスです。
絵を描くのが苦手で、絵本の物語のみを考えたいという受講生も参加しています。

 

はじめ〜る、ふかめ〜る、つく〜る みてみてクラスは、
プロをめざす人向けのクラスですが、
のびのびクラスは、プロクラス参加に迷っている方や
仕事や子育て、学校行事が忙しい人向けに参加できるクラスにしています。

 

課題もださないので、
クラス内で、作品を制作したり、
講師に書いてきた作品をみてもらったり。
みてみてクラス受講中の方で、途中、作品をみてもらいたい人も
参加してもらってもよいのではないでしょうか?

 

☆入会金
5,400円(税込み)
※朝日CCクラスからの継続受講者は入会金不要です。
2017年4月28日までに入会の方は、入会金無料キャンペーン中。

☆受講料
・月謝制:5,600円(税込み)月2回分
・4回チケット:10,000円(税込み)※半年間有効
上記のいずれかをお選びください。

詳しくは、のびのびクラスのページをご確認ください。

——————————-

元々は、カルチャーセンターの提携事業として開催していたクラスです。
カルチャーのシステム上、受講料が3カ月単位での徴収。
講師側は、まとまって安定的な収入にはなるものの、
受講者側にしてみれば、休んでしまっても、受講料を払うことに
なるので、
期間中、数回どうしても休まなければならない時は、
休む分も込みで支払うか、または、3カ月まるまるお休みするかを
選択しなければならないことになっていました。

カルチャーとしては、まとめてのお支払いで、安価で
いろいろな学びを提供するという方法なのかもしれないですね。

ただ、世の中の流れ的には、お休みする分も受講料を
お支払いするというのは、
難しくなってきているのではないでしょうかね。

また、提携クラスというシステム上、
規定のカリキュラムが決められており、
他のクラスとの連携も難しく、
なかなか、講師側も運営が難しくなってきていました。

 

2009年から7年間継続していた講座です。
考えてみれば、母校の児童文学科の先輩からの依頼でスタートしたお仕事でした。
大変、お世話になりました。
先輩は、別の地域に異動になられましたが、
児童文学を広めるクラスを企画し開催されています。
仕事をしはじめた当初、
「朝日カルチャーの講師の仕事をしている」というのが、
信用度も高く、他のカルチャーや地方自治体の仕事に繋がりました。
大きなジャンプアップにつながった仕事でした。
開講当初は、絵本教室がめずらしく、テレビ取材や新聞にもとりあげていただきました。

カルチャー提携はなくなりますが、
同じ日時に絵本教室は開催しますので、
引き続き、受講生の皆様は、よろしくお願いします。