絵本教室の講師・楠章子さんの新作絵本が出版となりました。

『ばあばは、だいじょうぶ』楠 章子 :著, いしい つとむ :イラスト(童心社)

いつも、「だいじょうぶ だいじょうぶ」とはげましてくれる、ばあば。

大好きな、ばあばが、「わすれてしまう」病気になってしまって…。

 

このお話しは、出版されるまで8年かかったとのこと。

しかし、原案となった作品は、大学生時代に創作した

手製本の絵本が原点だそうで、それを考えると20年越し。

この粘り強く、書きかえる作業ができるというのは

一種、才能なんじゃないかなとも思える。

 

わすれてしまう病気にかかった、ばあばへの戸惑いを

主人公の視点を通して、つつみかくさず書いているのは

作者自身の体験であり

また、多くの患者をもつ家族の体験とつながる。

わすれてしまう、ばあばをみて、イライラするような気持ち

ばあばの優しさで、我にかえる気持ち。

 

自分よりも先に、亡くなるであろう両親との

関わりかたを、この絵本を読んであらためて考えた。

 

子どもだけでなく、いろんな世代に読んで欲しい一冊です。