『二つ、三ついいわすれたこと』 (STAMP BOOKS)
ジョイス・キャロル・オーツ:著  神戸 万知:翻訳

久々にヤングアダルトの翻訳本を読みました。

有名大学に進学が決まりミス・パーフェクトと呼ばれるメリッサと

家庭環境に悩むナディアは、共通の友人のティンクが亡くなり、

そのショックから立ち直ることができません。

ティンクは、母親が大女優で自分自身も有名な元子役。

学校からは、異端視されているけれど、

ちょっと生意気でありながら、率直なティンクは、

二人の心の支えでもありました。

支えを失い戸惑い、時には死のうかとためらう心の葛藤と不安定さ。

時系列をバラバラにし、推理小説のような展開で物語は進んでいきます。

それが読者にも不安を感じさせ、先のみえない迷路のような感覚を与えることに成功している。

 

ネットでのいじめ(アメリカでもあるのか)や自傷行為なども描かれていて、

現代の思春期女子のリアルな姿なんですよね。

リアルすぎて、途中、読むのが辛くなりました。

悩みながら、ティンクの死に向き合あおうとする、二人の姿を丁寧に描いています。

 

追記

今日、なつかしい友人から、久しぶりのメールが届いた。

同じゼミだった同級生が、昨日、亡くなったという知らせだった。

一日、気持ちがざわざわして落ち着かず、仕事に集中できなかった。

卒業後は、めったに会うことのなかった同級生でしたが、

それもで、なお、悲しい気持ちと寂しい気持ち、不安な気持ちが

澱のように重なり、気持ちが沈んだ一日でした。